ハイアットリージェンシー大阪 外観

コロナの影響で遠方への旅行は気がひけるので、近場でお泊りしてきました。

お泊りしたのは「ハイアットリージェンシー大阪」です。

12歳以下の子供(小学生)は添い寝での宿泊だと無料でお得です。
食事代は必要になりますが、タオルなどのアメニティは子供の分も用意してもらえます。




子供を添い寝で予約するには?

添い寝

引用:ハイアットリージェンシー大阪 – 宿泊予約はRelux(リラックス)

子供を添い寝で予約するには、添い寝する子供の人数は登録せずにコメント欄に書いておけばOKです。

ロビー

高級感あるロビーです。

コロナの影響かウェルカムドリンクはありません。

フロント

パーテーションの設置、スタッフさんはマスクをつけての対応です。

コロナ対策が徹底されています。


イベントスケジュール

ヨガとか書道体験とかヨーヨーすくいとかピザ作りなどのイベントがあるようなのですが、全て満席でした。

残念。

客室

ぴしっと整えられたベット。

さすが高級ホテルです。

小学生二人の添い寝はできる?

うちの子は小学2年生と5年生。

ベッド2つをくっつけてあるので大人2人と子供2人が寝るのにスペース的には問題有りません。

ただ、うちの子は寝相が悪い。
90度回転するのです!

まあ、その都度、戻してやれば大丈夫かと思います。

シャワー

バスルームの一角にシャワー専用の仕切られたブースがあります。

トイレ

トイレはバスルームの中、シャワーブースの隣です。

開放感があるのはいいのですが、誰かがシャワーやお風呂を使っているときはトイレを使いにくいです。。。

そんなとき、ぼくは1階や地下のトイレを使います。

浴槽

普通の四角い浴槽です。

ジェットバスでもありませんので、普通の四角い浴槽としかいいようがありません。

バスローブ

バスローブはクローゼットの中にあります。

お風呂上がりはバスローブ姿で優雅に一杯やるのが憧れです。

部屋からの景色

西側にはATCやフェリー(さんふらわー)が見えます。

いい景色です。

北を見ると、煙突が見えます。

舞洲かな?

ドリンク

冷蔵庫の中のドリンクは有料ですが、ミネラルウォーター二本は無料で置いてありました。

冷やしたいので冷蔵庫に入れます。みんなそうしますよね?

コンセント

壁に普通のコンセントがあるのですが、ベッドの頭のところに、こんな装置がありました。

ネットで検索してみたところ、Teleadapt ChargePort TA-7800US Power Station USBという製品のようです。

USBケーブルをつないでスマホやタブレットを充電できました。

客室内のWi-Fiのインターネット速度

 

宿泊客は館内のWi-Fiを無料で使用できます。

58Mbpsの速度が出ていました。

十分ですね。

アラーム

枕元にアラーム時計があります。

室内灯や足元灯、カーテンの開け締めもこのアラーム時計で操作できます。

カーテンの開け閉めはどこで操作できるのかと思っていたら、これでやればいいのですね。

おわりに

小学生の子供は添い寝だと無料で宿泊できるのは、お財布に優しいです。

お部屋からの景色もいいし、良いお部屋でしたよ。

おわり。

ハイアットリージェンシー大阪の宿泊予約はこちらから