2019年のゴールデンウィーク、マーライオンは絶賛定期清掃中でした。

シンガポールといえば、「マーライオン」。

いや、それ以外知らん、という私にとって清掃中のマーライオン公園に行ってどうだったかを書きます。




行かないという選択肢

見れないなら行かない、という選択肢です。

行かない代わりにどこか行きたいところがあるかというと、特にない。

行ってみたら、清掃が終わってるかもしれない、時間もあるし、とりあえず行ってみようということになりました。

タクシー代

チャンギ空港からマーライオン公園にはタクシーで行きました。

料金は23シンガポールドル

1シンガポールドルが84円とすると、1,932円です。

ちなみにチップの習慣はないようなので、払いませんでした。

マーライオン

ネットの情報通り、清掃中でした。

清掃中で見れなかったのも貴重な経験なので記念撮影します。


小さなマーライオン

マーライオンの裏に小さなマーライオンがあります。

みんな、ここで記念撮影するようで、人だかりになっていました。

私達もここで写真を撮ります。

マリーナ・ベイ・サンズホテルをバックに

マーライオンの次にシンガポールで有名らしい、「マリーナ・ベイ・サンズホテル」をバックに記念撮影します。

ここも写真撮影スポットのようで、賑わっています。

ジョギングしている方が少し迷惑そうにしていました。

屋上は船の形をしていますが、プールがあるようです。

ほんと何の予習もなく、シンガポールに来たのです。

行ってみた感想

  • 清掃中はカバーがかけられており、全くマーライオンは見れません。次こそは見たい、というシンガポールにまた来る理由ができました。
  • 小さなマーライオンはかわいい。
  • 公園で記念撮影するだけでも楽しい。

清掃中だと知らずに行くとがっかりしたでしょうが、わかって行くのであれば問題ありません。

行かれる前には、「マーライオン 定期清掃」などとネットで検索してから行くといいですね。

どこかの親切な旅行会社のサイトが情報をアップしてくれているはずです。

おしまい。