軍艦島クルーズの後は「長崎と言ったら出島だよね」ということで、出島を観光します。

僕の出島についての知識は「どこかの国と貿易していた出っ張った島」というのが全てです。




出島へのアクセス

長崎港ターミナルから750メートル、徒歩10分ほどです。

出島和蘭商館跡の読み方

「出島和蘭商館跡」は「でじまおらんだしょうかんあと」と読むようです。

[blogcard url=”https://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000535.html”]

和蘭はオランダのこと。普通読めるのかしら。

入館料金

大人520円

小中学生100円です。

大人高い。。。

長崎市民の方は2020年9月30日まで入場無料でした。


出島和蘭商館跡の中

入場後はぶらぶらと建物の中を見学します。

「へえ~こんなところで生活してたんだ~」と眺めます。

時間があれば、着物を着て、ぶらぶらするのも良さそうです。

カピタンとは商館長のことらしいです。

テレビでよく見る長テーブル。

スタンプラリーは中止中です。

出島のミニチュア模型があります。

見学後に息子に出した問題

  • 商館長のことを何と読んでいた?→カピタン
  • 出島ができたのは何時代?→江戸時代
  • 江戸幕府が外国との国交を制限していた政策をなんという?→鎖国

中学受験に役に立つのかはわかりませんが、息子に何の問題出してやろうかと思いながら巡ると楽しいです。

おわりに

グラバー園にも行ってみたかったのですが、時間がなくなってきたので、本命の目的地であるハウステンボスへ向かいました。

出島に行かれる前には、下のHPで最新の情報をご参照ください。
出島のロゴがおしゃれです。

おわり。

行きたいところを探す